美尻をきっかけに、 ひとつ上のフィットネスライフへ。「GET STYLE」

美尻をきっかけに、
ひとつ上のフィットネスライフへ。「GET STYLE」

2018.12.01

空前の美尻ブーム!予約殺到の美尻パーソナルトレーナーとして多くの女性のお尻を磨き上げている高澤麗さんが、より多くの方に体験していただけるように開発したレッスンプログラムのご紹介です。お尻が変われば、意識が変わる。美しい体への欲が湧いてくる。ひとつ上のフィットネスライフの入り口へ、ようこそ。

お尻の筋肉を動かせると
スタイルは見違える。

美尻トレーナー高澤さん曰く、「現代の生活でほとんどの人がお尻の筋肉を支えていない」そうです。お尻がへたっていると、くびれとのギャップが少なくなる。細い人でもメリハリがなく、脚も長く見えなくなる。お尻にボリュームが出ると、ボディラインにコントラストが出来、脚も長く見える。特に女性にとっては、見た目の成果がトレーニングの大きなモチベーション。お尻の筋肉が支えないと、歩行などの日常動作もふくらはぎや足に頼って、脚が太くなってしまう。筋トレをしても太ももが筋肉太りして嫌だ。そんな負の連鎖をシャットアウトして、美しく楽しいフィットネスライフのベースとなる美尻づくりにチャレンジしましょう。

鍛えたい筋肉に
スイッチを入れていく。

美尻のスタートはストレッチから。ずっと縮こまって使いづらくなっていたり、お尻の筋肉が使えない代わりにがんばりすぎている筋肉を緩めたり、硬さを取り除くことがトレーニングのファーストステップです。

ストレッチの次は、コアアクティベーション(腹部の活性)。鍛えたい部分をしっかりと動かすため、まずは運動の土台となるコアなところ(体幹部)にスイッチを入れていきます。おなかを真っ平らにしたまま、脚を挙げたりおろしたり。お腹に力を入れることでフォームが安定します。

ピンポイントで
お尻の筋肉を縮める。

ストレッチ&コアアクティベーションで準備が終わったら、いよいよ美尻トレーニングの本番。前半の2種目は筋肉を縮める動き。まずはクラムシェル。横になって膝を開く動きを通じて、お尻の横の筋肉を使っていきます。ポイントは、最初はあくまで小さな動きで狙ったところをピンポイントで鍛えていくこと。

クラムシェルの次は、ヒップリフト。お尻の縦のラインを使うことで、お尻に厚みをつくっていきます。フィットネスでは有名な種目ですが、多くの人がやってしまう腰を反った形にならないよう、みぞおちをキュッとしめるのがポイントです。

フォームにこだわって、
縮めた後はお尻の筋肉を伸ばす

横になってのトレーニングが終わると、後半はスタンディングでお尻の筋肉を伸ばす動き。バンドをつけて立つバンドウォークでは、腰を丸めたり膝を内側に入れたくなりますが、骨盤をしっかりと立てて膝を外に入れるのが大切。ちょっと動くだけでお尻を伸ばしながら使っている感覚が味わえるでしょう。

最後の種目は、キング・オブ・エクササイズのスクワット。いろいろなやり方がありますが、「GET STYLE」では、とにかくお尻に効くスクワットにこだわります。膝よりつま先が前に出ないようにしっかりとお尻を引きながらしゃがむことでお尻の筋肉も伸びます。お尻を突き出して!胸をはって!スクワットで腿が疲れちゃうという人はぜひ一度体験してください。

オンザビートで
心も美しくスタイル磨き。

美しい体づくりのベースを鍛える美尻トレーニングの動きは、派手なものではありません。ひとつひとつの丁寧な動きをしっかりこなすためには、楽しさも大切。「GET STYLE」では、音楽に合わせてみんなでトレーニングする楽しさを感じながら、ふだん使われない筋肉が使われる感覚を味わうレッスンです。

グループレッスンでも
丁寧にひとりひとりをサポート。

ふだんはパーソナルトレーナーとして、1対1で会員の方たちと向き合う高澤さん。「グループレッスンでも全員をちゃんと見たい」という思いから、「GET STYLE」は高澤さんをはじめとするインストラクターが「みんな、○○して〜」と一方的に発信するのではなく、可能な限りひとりひとりのフォームを見て、丁寧にフォーム修正をしていくレッスンだから、きちんとお尻の筋肉を使う感覚を得られるのです。

美しいスタイルへの欲をつくる。

美尻は、あくまできっかけのひとつ。私もそうでしたが、お尻がプリっとすると、「運動っていいな」「もっときれいになりたい」という欲が生まれます。その欲が次のトレーニングのエネルギーになって、体を磨くことにどんどんのめりこんでいくことができます。空前の美尻ブーム大万歳!きっかけはなんでもいい。すこしでも興味があったら、ブームを利用してひとつ上のフィットネスライフをはじめましょう。私たちは、ブームだけで終わらないフィットネスをご提供する準備ができています。

share! facebook twitter line

この記事で紹介したプログラム