1日2万回行う呼吸を整えてカラダの機能を取り戻すプログラム BREATH BODY CONTROL

呼吸に関わる横隔膜などの筋肉が正しく機能しないと姿勢が崩れ、カラダが本来持つ力を発揮することができません。
呼吸を整えることで「体幹部の安定」、「姿勢の改善」、「美しいウエストラインの獲得」を目指します。

Point 1各関節の機能を取り戻すモビライゼーション
背骨や肩まわり、股関節まわりのこわばりを取り除き、関節の可動性を高めるエクササイズを実施

Point 2正しい呼吸の習得
呼吸を3段階に分け、正しい呼吸方法を習得

  • リブフレア

    肋骨が開いていると反り腰の原因にもなるため、押し込みながら正しい呼吸を習得する。


  • 胸郭上部

    胸の筋肉がこわばっていると胸郭上部の動きが出にくいため、セルフで胸部をさする。


  • 胸郭下部、腹部

    お腹を引き締める腹横筋の動きをチェック。動きが悪い場合はセルフで手を滑らせて動きを誘導する。



Point 3呼吸と動作の連動
正しい呼吸と両手両足の動作を連動して動かすエクササイズ

プログラム開発者:牧野講平
開発者プロフィール:森永製菓株式会社ウイダートレーニングラボ ヘッドパフォーマンススペシャリスト。イースタンワシントン大学エクササイズサイエンス学科を卒業し、帰国後に同施設と契約。浅田真央選手(フィギュアスケート)をはじめ、前田健太選手(プロ野球)、高梨沙羅選手(スキージャンプ)、太田雄貴選手(フェンシング)など様々なトップアスリートをサポート。2015年に日本コンディショニング協会の理事に就任し、コンディショニング方法の普及活動にも従事。 



その他のNEW PROGRAMはこちら

その他のNEW PROGRAMはこちら