HIGH GRADE BODY Velocity Based TrainingHIGH GRADE BODY Velocity Based Training

トレーニング革命!
最先端ボディメイクをマンツーマンで!

Point1

速度の見える化で超効率的

専用の測定ツールとアプリを使い、拳上速度(Velocity)を常にモニタリングをしながらトレーニングを行います。
適した速度のZONEから外れたらそのセットを終了するので、無駄な追い込みをなくします。

Point2

目的別カスタマイズ

共通種目以外に、例えば腕を太くしたい男性やヒップアップしたい女性など、目的に合わせた部位別種目をカスタマイズ。
また、トレーニング経験に応じて種目や回数を調整をするのでどのレベルの方でも受講いただけます。

VBTによって
トレーニングのムリ・ムダ・ムラをなくす

  • その日の状態に合わせた最適な負荷設定
  • トレーニング量を減らし無駄な疲労を軽減
  • 筋肥大に有効な速筋繊維を優位に使う

こんな方におすすめ

  1. ❶ トレーニングをしているが効果が頭打ちの方(なかなか筋肉がつかない方)
  2. ❷ 忙しい毎日の中で限られた時間で効率的にトレーニング効果を得たい方
  3. ❸ キレのある筋肉をつけ、且つ機能的な身体を手に入れたい欲張りな方

Point3

栄養を含めたトータルサポート

トレーニング効果を最大限に高めるためには適切な栄養摂取が欠かせません。栄養に関する知識を備えたトレーナーからのアドバイスや、トレーニング中とトレーニング後に吸収が早いアミノ酸を提供し、よりトレーニング効果を高めます。

Movie

最新テクノロジーを搭載したツールを用いて拳上速度を見える化。
筋肥大ZONEの速度を基にその日の適切な負荷を算出し
筋肥大ZONEから落ちたらトレーニングを終了することで
無駄なトレーニングを減らします。

Velocity Based Training(VBT)とは注目の"超効率的"トレーニング

一般的に筋肥大トレーニングは「8~12回をぎりぎり拳上できる重さ」と言われており、多くの方がその方法を取り入れています。しかし、その日の状態によって適切な負荷は変化し、俗にいう『潰れる状態まで追い込む』ことや『筋肉痛が起こることが良い』という不適切な考え方が推奨されるケースも散見されます。

そこで、拳上スピードを基にした新理論『VBT』によって無駄のない効率的なトレーニングが可能に!

最新テクノロジーを搭載したツールを用いて拳上速度を見える化。
筋肥大ZONEの速度を基にその日の適切な負荷を算出し
筋肥大ZONEから落ちたらトレーニングを終了することで
無駄なトレーニングを減らします。

龍谷大学と協同で行ったVBTの効果の検証実験

VBTと通常トレーニングの2つのグループに分けて、週2回のトレーニングを2ヶ月間実施。VBTの方が軽い負荷にも関わらず、筋肥大やパフォーマンスは両グループとも変わらないことが実証されました。

HIGH GRADE BODY Training Schedule

<種目と実施部位の説明>種目と実施部位の説明

MethodVBTメソッド

  • A ベンチプレス

    主に胸の筋肉の強化と、肩まわりや二の腕の筋力アップに効果がある上半身の代表的なトレーニング。

  • B スクワット

    正しいスクワットは全身に600前後ある筋肉のうち200箇所を使うほど優れたトレーニング。主に股関節まわりのお尻や太ももを鍛える。

Training部位別トレーニング例
お客様の目的に合わせてカスタマイズ

  • 1 胸

    インクラインダンベルプレス

    胸の上部を鍛え、より厚い胸板を目指す方におすすめ。

  • 2 背中

    ワンハンドダンベルロウ

    片手でダンベルを引くことで、よりラインの整った背中まわりをつくる。

  • 3 肩

    ダンベルショルダープレス

    肩まわりを立体的に鍛えることで、身体が美しいシルエットに。

  • 4 お尻

    ブルガリアンスクワット

    よりお尻に刺激が入るフォームで行い、ヒップアップに効果的。

  • 5 上腕

    アームカール

    上腕の力こぶの筋肉を鍛え、より厚みのある腕を目指す。

  • 6 二の腕

    トライセプスエクステンション

    二の腕を重点的に鍛え、男性はカットが見える腕、女性は引き締まった二の腕に。

  • 7 お腹

    ニーTOエルボー

    お腹を捻りながら持ち上げることで脇腹の腹斜筋群にもアプローチ。

MethodVBTメソッド

  • A

    ベンチプレス

    ベンチプレス

    主に胸の筋肉の強化と、肩まわりや二の腕の筋力アップに効果がある上半身の代表的なトレーニング。

  • B

    スクワット

    スクワット

    正しいスクワットは全身に600前後ある筋肉のうち200箇所を使うほど優れたトレーニング。主に股関節まわりのお尻や太ももを鍛える。

Training部位別トレーニング例
お客様の目的に合わせてカスタマイズ

  • 1

    インクラインダンベルプレス

    インクラインダンベルプレス

    胸の上部を鍛え、より厚い胸板を目指す方におすすめ。

  • 2

    背中

    ワンハンドダンベルロウ

    ワンハンドダンベルロウ

    片手でダンベルを引くことで、よりラインの整った背中まわりをつくる。

  • 3

    ダンベルショルダープレス

    ダンベルショルダープレス

    肩まわりを立体的に鍛えることで、身体が美しいシルエットに。

  • 4

    お尻

    ブルガリアンスクワット

    ブルガリアンスクワット

    よりお尻に刺激が入るフォームで行い、ヒップアップに効果的。

  • 5

    上腕

    アームカール

    アームカール

    上腕の力こぶの筋肉を鍛え、より厚みのある腕を目指す。

  • 6

    二の腕

    トライセプスエクステンション

    トライセプスエクステンション

    二の腕を重点的に鍛え、男性はカットが見える腕、女性は引き締まった二の腕に。

  • 7

    お腹

    ニーTOエルボー

    ニーTOエルボー

    お腹を捻りながら持ち上げることで脇腹の腹斜筋群にもアプローチ。

マンツーマンで効率的。
初心者にも優しく指導いたします。

トレーニングが初めての方やフリーウエイトに慣れていない方は、丁寧にフォームの確認から始めていきます。

料金
¥65,000(税込 ¥70,200)
期間
45分 週2回×2ヶ月間(全16回)※初回と最終回は60分
内容
マンツーマンでのトレーニング指導
お申込み
店舗のフロントにて

※毎セッション、同一トレーナーとは限りません

長谷川 裕

プログラム監修長谷川 裕

龍谷大学 スポーツサイエンスコース教授

世界の最先端のトレーニング科学を研究・実践し、数多くのトップアスリートを指導。国内のトレーニング指導者向けのテキストや「IOC hand book-strength training for athletes-」など多数の著書がある。

【略歴】

  • ・名古屋グランパスエイトコンディショニングアドバイザー(2004~2008年)
  • ・HONDAヒートラグビー部スポーツサイエンティスト(2009~2012年)
  • ・スポーツパフォーマンス分析協会(IPAS)設立・理事⻑就任(2013年)
  • ・日本トレーニング指導者協会(JATI)理事⻑就任(2016年~現在)