水上のボードの上で、バランスをとりながら体幹を鍛える最新ヨガプログラム。

S.U.P. Yoga

水の上に浮かぶボードの上でバランスを取りながら、様々なヨガのポーズを行います。 陸上でのヨガとはまったく異なるバランス感覚、浮遊感を楽しむことができる今までにない新しいヨガプログラム。

Point 1非日常の空間
今までにない、水の音やゆらぎを感じながら行うヨガは、日常とはかけ離れた身体感覚と精神的な解放感を与えてくれます。

Point 2コアへのアプローチ
水上のボードの上に立つことで、体幹を意識したコアトレーニングにつながります。ポーズをとる事により、腹筋や背筋のインナーマッスルが鍛えられてしなやかなボディーラインを創り出します。

Point 3セルフコントロール
深呼吸をして、足の裏で水の動きを感じてカラダと心のバランスをとります。ゆっくりと自分自身と向き合う事ができます。

田中律子

ボードの上に立って乗り、パドルを漕いでクルージングや波乗りをすることを“スタンド・アップ・パドルボード”と呼び、その頭文字から通称S.U.P.(サップ)と呼ばれています。
使用するボードは、十分な長さと幅があり初心者でも比較的簡単に立つことができる為、フィットネス大国アメリカでは既に一歩進んだS.U.P.の楽しみ方が出来ています。それが「S.U.P. Yoga」です。
プールに浮かんでのS.U.P. Yogaレッスンは、スタジオのマットの上で行うヨガとはまったく違うバランス感覚、浮遊感を楽しむことができます。さあ、S.U.P. Yogaをやってみませんか?

一般社団法人 日本サップヨガ協会
会長 田中律子